アイラッシュの歴史

アイラッシュの歴史と言いましても遡ること、青銅器時代からだそうです。

この時代では、まつ毛を濃く見せるという美容の方法として存在したそうです。

また、 近代で発祥と言えるのは、1913年にマスカラがアメリカ登場しました。

そして、だんだんと世界に広まっていくなかで、 日本では1947年に完成された形を自分のまつ毛に付ける、付けマツゲが登場しました。

それは美容業界にまつ毛に関するブームを作りだしていくこととなります。

1960年代にはついに、まつ毛美容ブームが到来し、まつ毛美容に関する様々なものが出てくることとなりました。

また、80年代には、まつげパーマが誕生することにまります。

まつげパーマ - Google 検索

まつげをカールさせることで、ビューラーなどを使う手間も省けますし、マスカラもぬりやすいと、大変ブームになりました。

このブームによって、まつ毛に関するお化粧は、自分で色々するものだったのが、お店で、何かしてもらうというスタイルになっていきました。

2000年台になりますと、束になったまつ毛をグルーで装着するというかたちのまつ毛エクステが各地で出始めるようになってきました。

まつエク - Google 検索

さらにその3年後の2003年頃には、現在主流になってきています人の毛や化学繊維でできた、細いラッシュが誕生したのです。

近年、ではアイラッシュを施しているお店は、いわゆるファッションの発信地、池袋、渋谷、、大阪、福岡だけでなく、様々な地で、お店が増えてきています。