気をつけたい爪の病気

ネイルサロンを楽しむためにも、気をつけておきたいことってありますよね。

渋谷や原宿で、ネイルサロンを展開している方にお聞きしました。

その気をつけたい事と言いますのは、グリーンネイルをいう言葉です。

グリーンネイルとは何か。

グリーンネイルとは、ジェルネイルをした後、数週間すると浮いてきますので、爪とジェルネイルとの間に隙間が出来てきます。

その隙間に水が入り込んできてしまい、菌が繁殖することで、緑色に変色してしまうという現象です。

グリーン ネイル - Google 検索

こちらは、やっかいな事に、感染してしまうものですので、もし見つけた場合は、無理に剥がしてどうにかしようとするのではなく、ネイルサロンでとってもらうや、病院に行くようにしましょう。

また、ネイルサロンでは感染予防の為に、グリーンネイルの方を、お断りしているお店がありますので、こうなると、そうなってしまう前に、予防する事が大切になってきますので、ジェルネイルが浮いてきていると感じた時点で、ネイルサロンに行きましょう。

自分で剥がすという事だけはしないようにして、随時自分の爪をチェックしていくことが重要です。

そして、ネイルサロンに関してなのですが、店舗の急増により、お店の良し悪しも二分化してきていますので、価格の面だけで決めてしまうのではなく、きちんと衛生などに力をいれている、使う道具は消毒しているお店を見つけるようにしましょう。

そうすることで、被害を受けることも回避できますので、しっかりした見極めが大切です。